Webデザイン

TCDテーマ「FAKE」の固定ページテンプレート「ABOUT」「MESSAGE」「RECRUIT」はどこにある?見つからない場合の対処方法

TCDシリーズのテーマ「FAKE」の固定ページテンプレート「ABOUT」「MESSAGE」「RECRUIT」がどれだけ探しても見当たらない!そんな方はこちらの記事をご覧ください。

私もこのテーマに良いインスピレーションを感じ購入したのですが、一向に自分が思い描いていた物に仕上げれないというジレンマでいろいろ検索しました。その中でも一番の壁だったのが、「FAKE」公式サイト紹介ページで紹介されている「ABOUT」などの固定ページテンプレートを見つけられなかった事です。紹介ページにも掲載されているので、「ある」とは思ってたのですが一向に見当たりませんでした。そしてようやく「ここか!」と閃き、初心者の方にはとってもわかりにくい仕様になっていると思いましたので、ご紹介させていただきます。

TCDって何?

TCDとは大阪の株式会社デザインプラスという会社が運営している、WordPressのテーマ販売されているサイトになります。

TCDの特徴

TCDの特徴はなんといってもおしゃれなデザインでしょう。デモサンプルのデザイン力に魅了される方は多いのではないでしょうか。

TCDテーマ一覧

TCDテーマ「FAKE」

TCDテーマ「FAKE」とはTCDで販売されているWordPressのテーマになります。これを執筆している2019年9月時点では最新部類のテーマになります。

TCDテーマ「FAKE」:デモページ

私も、このデモページのような形で作っていきたい!という思いがありましたので、「FAKE」を購入しました。

TCDテーマ「FAKE」で思うようなレイアウトができない!

私がTCDテーマ「FAKE」に求めた一番大きな事は画面幅いっぱいまで広げられたパララックス仕様の画像です。

パララックスとは「視差」という意味で、背景に設置した画像がカーソルスクロールの動きに応じて、微妙に動いてるように見える仕様で、この効果でページの魅力を一層強める事ができるのではないかと思いました。

パララックス仕様にする事自体はそこまで難しくないかもしれませんが、WordPressでは通常コンテイナーといわゆるボックス内でコンテンツが形成していくのですが、その仕様状態により、ブラウザの幅いっぱいまで画像を広げる事が結構大変だったりします。ですので、制作時間短縮の為にも購入するも、「自分の思っていた設定ができない!」という壁にぶち当たりました。

TCDにはTCD LABOという情報フォーラムが用意されています。これは公式で発信されているカスタマイズ方法例になります。しかし今回の「FAKE」の場合、発売されて日が浅い為か、全然情報がありません。

ゆっくり真剣に公式サイト「FAKE」紹介ページを熟読しました。

「ABOUT」は、紹介ページを見る限り「事前に用意された」とあるので、「確実にできるはずだ!」と思いました。しかし、答えがわからず「バグか?」「備え付けの固定ページ消してしまった?」みたいな事も頭によぎり、せっかくある程度進めてきたのに、また再インストールかもしれない等のよくない発想にもなります。

そして、ようやく見つけたのが「固定ページテンプレート」という文字です。「固定ページテンプレート」…ってもしかして…

WordPressの「固定ページテンプレート」とは?

WordPressの「固定ページテンプレート」とは、固定ページ投稿画面右にある「公開」下の「ページ属性」内にある「テンプレート」と書かれている箇所をさし、ここを選択することで外観を何パターンもテンプレートとして呼び出し、表示できるというものです。

「FAKE」の「固定ページテンプレート」の場所

TCDテーマ「FAKE」では、ここで「ABOUT」「MESSAGE」「RECRUIT」を選べるようになっています。ここから任意のテンプレート「ABOUT」「MESSAGE」「RECRUIT」を選択すれば、専用の画面がでるので、あとはそれに従って、入力していくだけです。

「固定ページ」という潜入感があったので、「固定ページ記事一覧」ばかりを探していたのが、どハマりの原因でした。ちなみに、後々気づきましたが購入者専用のダウンロードサイトにもその使用方法は載っていましたので、仕様書を熟読しなかったのもよくなかったと思います。

パララックス画像を好きなところにはめ込みたい

パララックス仕様の画像を任意の場所にバンバン入れていきたかったのですが、それは無理という事がわかりました。

TCDシリーズは基本「ビルダー形式」で作り上げていくのが特徴なのですが、この場合「パーツごと」の上下の入れ替えは可能ですが、「パーツの中身」を入れ替えたり、複製する事は全くできませんでした。また、トップページを除いてはパーツの複製すらできないことがわかりました。

ですので、TCDテーマ「FAKE」に関しては、かなり自由度はひくいレイアウトになります。ただし、サンプルと「同じように」表現する事は可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

おしゃれで有名なTCDシリーズの「FAKE」を購入しましたが、発売から日も浅く、情報が少なく、「ABOUT」「MESSAGE」「RECRUIT」のようなページを作りたかったですが、見つけ出すのに大変苦労し、やっと解決策が見つかりましたので共有させていただきました。

WordPressの「固定ページテンプレート」というのは、「固定ページ投稿画面」右にある「公開」下の「ページ属性」内にある「テンプレート」と書かれている箇所を指します。「固定ページ記事一覧」の中にあったり「カスタム投稿」が用意されているという訳ではありません

「固定ページテンプレート」から選べば、「ABOUT」「MESSAGE」「RECRUIT」のようなサイトに表現する事が可能です。しかし、「ビルダー形式」で構成されているTCDシリーズでは「パーツごと」の上下の入れ替えは可能ですが、「パーツの中身」を入れ替えたり複製する事は全くできず、トップページを除いてはビルダーパーツの複製もできない仕様の為、自由度の低いレイアウトになりますが、指示されたパーツを確実に埋めていくとそれなりのサイトは構築できそうです。

後々、購入者限定のダウンロードサイトを読み返してみると、きちんと「MESSAGE」などの利用方法は載っていました。しかし、ネットで検索しても購入者限定の為そのページにはたどり着きませんので、ネット検索でもわかるようにと思い投稿いたしました。

完全無料のクリエイター育成講座開催中!

人物イラストの無料ダウンロードサイト公開中!

人物イラストの無料ダウンロードならMIDO-KICHI

-Webデザイン

Copyright© デザイナーブリッジ , 2020 All Rights Reserved.