Webデザイン ツール

ワードプレスの有料テーマAFFINGER6(アフィンガー)【ACTION】の感想レビューと初心者の方にもおすすめする6つの理由

2019年9月16日

私がwebデザイナーとして扱ってきた、おすすめのワードプレステーマを実績を元にご紹介していきます。

アフィンガーの旧バージョン・アフィンガー5の解説動画もありますので、動画で解説をみられたい方は以下のリンクより閲覧下さい。アフィンガー6はアフィンガー5がさらに使いやすくなったものですので、アフィンガー6購入検討者にもきっと役に立つと思います

ワードプレスとは

ワードプレスは、今や現在のホームページ作成において主流となっている構築システムです。なんといっても特徴として、テーマ【theme】とプラグインの2つの存在が大きく挙げられるでしょう。

特にプラグインは、自力でコード作成をする場合との制作時間が雲泥の差になってしまいますので、特段の理由がない限り時間短縮の為にもホームページ制作はワードプレス一択になるかと思います。

no image
ワードプレス立ち上げに初期導入する、おすすめ定番の必須・便利なプラグイン

続きを見る

テーマに関しては、これもボタンひとつで画面のデザインを変えられるという優れものなのですが、これが一癖も二癖もあったりします。ワードプレスの運営において、テーマを使用しない事はできませんので、必ず何かしらのテーマを選択しなければなりません。

テーマに関しては、大きく分けると有料・無料のものがあります。

有料・無料テーマ、どちらを使えばいい?

ワードプレスのテーマですが、有料か無料で悩まれる方が多いかと思います。ワードプレスの事が右も左もわからない初心者であれば、無料から取り組んで慣れていくのが言わずもがなベターだと思いますが、webデザイナーを育てる事を目的にしているこのサイト「デザイナーブリッジ」を熟読して、理解していく予定があるのであれば、有料のテーマを強くおすすめ致します

理由は一つしかなく、圧倒的な時間の短縮に繋がるからです。ホームページは集客が命です。すなわちSEO対策が必須になります。一番のSEO対策は良質のコンテンツを量産し続ける事ですので、サイトデザインに時間をかけるのは非常にもったいないと言えます。

おすすめのテーマ

それでは、本題のテーマのおすすめをしていきたいと思います。私が最もおすすめするワードプレスのテーマは、AFFINGER(アフィンガー)6[ACTION]というテーマです。旧バージョンはWINGというタイトルで、最新は「ACTION」というタイトルになります。基本はアフィンガーという名前ですが、おそらく識別する為にバージョン毎に名前がつけられているのだと思います。

アフィンガー6公式ページへいく

アフィンガー6を導入をされる場合は、こちらから購入ページへ移動できますのでスムーズです。

アフィンガーとは

アフィンガーとは、アフィリエイトと発足時のテーマ名スティンガーとの掛け合わせの名前だと思います(想像です)。文字通りアフィリエイトに特化したという意図だと思います。

もちろんサイトの主旨によってテーマ選択の指針は変わってくると思いますが、アフィンガーはアフィリエイター(アフィリエイトする人)にだけおすすめという訳ではありません。何故なら、アフィンガーのテーマを使っているからアフィリエイトの還元率が上がるという訳ではありません。根本的にアフィリエイト収益を上げる為には、コンテンツを充実させる事は必須であり、アフィンガーじゃないとできない事というのはなく、どんなテーマでもカスタマイズしだいで魅せ方は自由自在です。

そんな中、アフィンガーの場合は、アフィリエイターにとって「コンテンツを作成しやすい」「アフィリエイト商品を管理しやすい」コンテンツ作成画面になっており、運営側にとってとても扱いやすい仕様になっているのです。ですので、サイト作成全般にとっても役立つテーマとなっております。

アフィンガーをおすすめする理由

私はwebデザイナーでもありますので、今まで数々の無料・有料のテーマを扱ってきました。その経験の中でアフィンガーをおすすめする理由をご説明します。

1. 素材パーツがまじで凄い

なんといっても、アフィンガーに搭載されている記事作成に役立つ装飾パーツなどが凄いです。これは単純に凄いではなく、本当に「まじで凄まじい」レベルです。記事のカスタマイズにかける時間が少ないのが非常に大きいメリットです。私はアフィンガー公式サイトを見たときに衝撃を受けました。

「これが、デフォルトで入っているだと!」

コンテンツ記事に使用できるボタンやら見出し素材が、デザイナー目線でみても申し分ないレベルで導入されています。はっきり言って、これだけでも十分価値のあるテーマだと感じます。上記の画像はあくまで抜粋ですが、実際は冗談抜きでこれの10倍くらいの素材があります。

※リンク先はデータが重たいです。   アフィンガー記事作成パーツ確認用ダミー素材を確認する

ブログの記事制作装飾パーツが充実しているかどうかというのは、記事量産において非常に重要なポイントになります。これが無料のテーマや有料でもパーツ素材が充実していないテーマだと、わざわざ装飾パーツをカスタマイズをして導入していかなければなりません。何度も言いますが、サイトはコンテンツが命です。誰かに見られないと存在してないのと同じですので、デザインカスタマイズに時間をかけるのであれば、その時間をオリジナルコンテツ制作にどんどん当てていくのは非常に大事です。

私のサイトも記事の執筆に関しては、デザインに要したカスタマイズ時間はほとんどありません。ほとんどがワードプレス内で設定ボタンをぽちぽち押していくだけの作業です。もちろん、一部CSSのカスタマイズが必要な場所もありましたが、そこを踏まえても記事制作に要する時間は圧倒的に少なく完全に記事量産に集中できると言えるでしょう。

そう言った面では初心者に向いているテーマとも言えるでしょう。逆に、初心者の方が無料のテーマを導入することで、カスタマイズに四苦八苦してしまい、結果良い感じのサイトにならないという流れも大いにあると思います。そうなると、本当に本末転倒だと思います。

ほとんどがボタン操作で調整可能

アフィンガーのカスタマイズは、大きく分けて2個のフェーズから成り立っています。その2個の編集画面からほとんどの調整をボタン操作のみですることができます。その中には、初心者にわかりやすい内容であったり、中級者からみても「こんな事までボタン一つで実装できるんだ」と、かゆいところに手が届く仕様もたくさんあります。

細かい色替えや文字調整、微妙なバランス調整からSEO対策まで、ほんとうに「ヤバい」と思える事がボタンひとつで実装できる仕組みになっているのです。もちろん、私が出会ったことのない他の有料テーマでもそのようなものはあるのかもしれませんが、私は何十個といろいろなテーマを扱ってきましたが、アフィンガーはその中で僅差ではなく、群を抜いて扱いやすいと感じています。

YouTubeの挿入も楽々

サイトにYouTubeを埋め込むのは簡単な作業ではありますが、実は直接埋め込むのはNGだったりします。それは動画のリンクを埋め込むことで非常に重くなってしまいますのでSEO的にはNG対応となります。もうひとつは、直接コードを埋め込んだだけではレスポンシブ仕様にはならず、特殊なCSSコードを併用しなければいい感じに表示することができません。

しかし、アフィンガー使用していると、URLを直接埋め込んでも自動でレスポンシブ仕様(見栄えがいい感じ)になるし、SEO対策で外部リンクの仕様にしたい場合でも、YouTube埋め込み用専用ボタンがあり、該当のIDを差し替えるだけで実装することが可能です。

会話風の演出も楽々

一部で流行っている会話風演出もデフォルト機能で揃っていますので、簡単に実装することができます。もちろん、色を替えたりもできますし、画像を動かす事も可能です。

アフィンガー6公式ページへいく

アフィンガー6を導入をされる場合は、こちらから購入ページへ移動できますのでスムーズです。

2. SEOに強い

サイトは見られる事で命が宿ります。そして、運営側にもやる気が湧いてきます。そうなると、大事になるのがSEO対策になりますが、SEO対策に関しては、正直かなり奥が深いです。

ここで初心者の方にアドバイスです。はっきり言って、SEO対策は一朝一夕ではありません。SEO対策は1日にしてならなずです。長年SEO対策と向き合ってきましたが、どれだけがんばって対策を施してみても、最終的にドメインエイジ(サイトが作られてからの年数)には勝てなかったり、圧倒的なコンテンツ量のサイトにも歯が立たなかったりします。要はネットの世界でも年功序列になっています。

そういった事を考えるとSEO対策への費用対効果を考えざるをえません。とは言っても、検索順位1位と2位とでは圧倒的に閲覧数が変わります。ですので、記事を書くのであれば1位を目指すべきでしょう。でも、がんばりすぎないでください。SEO対策に固執して記事を書く事をやめないでください。

アフィンガーの仕様書に従って、記事と真摯に向き合い、文字数多めに(最低、4,000文字くらいはいきましょう)して、記事を量産していけば必ず結果は出てきます。何か違反している場合は話は別ですよ。実際運営していて、検索結果は「文字量を裏切らない」というのを感じています。

最終的にアクセスが伸びていくのは、文字量が多く、きちんと向き合って書いた記事ばかりです。嫌々執筆して、早く描き終えたい一心で、「えいっ」と、挙げた記事はほとんど財産になりません。実際、みなさんが検索して目にする記事は、非常に文字数が多く、人の為になっている記事ばかりだと思いませんか?

ポイント:根本的に良質な記事を量産していく事が集客につながる。すなわち、記事を執筆しやすい環境はとても大事!

SEOに強いテーマとは

じゃあ、アフィンガーがSEOに強いテーマってどういう事なの?とお考えかもしれません。勘違いしてほしくないのが、アフィンガーは特殊なシステムを使っているからSEOが強くなっている訳ではありません。アフィンガーを作ったのはグーグル社員ではありませんし、何かを仕掛けたから検索順位が上がるなんて事はグーグル評価的にもありえないですからね。

根本的に、サイトはHTMLで構成されています。ワードプレスもそうです。ですので、最低限のコードだけでもきちんと表示されます。そのことを前提にワードプレスの歴史を少しお話しします。昔のワードプレステーマには、サイトを表示する最低限のものしか搭載されていませんでした。webデザイナーでSEO対策を理解している方なら、SEOを意識するなら「ここにもっとこの内容を入力した方がいい」等というのがわかります。しかし、初心者の方が、それらをワードプレスの中で対処していくのは至難の技でありました。

要は「All in One SEO Pack」がデフォルトで搭載されている

ですので、あえて一時代前と言わせていただきますが、手動で行なっていたそれらのSEO対策を補う為に「All in One SEO Pack」というプラグインを入れる事が主流になりました。「All in One SEO Pack」は簡単にいうと、初心者に対して「ココにこの内容入れてくださいね」「ココの設定はこうしときましょうね」と、丁寧に導いてくれているプラグインです。決して導入したから自動的にサイト評価があがるというものではありません。

ですので、SEOの事を理解している人はプラグインなしでも同じ対応が可能です。しかし、今の時代は「All in One SEO Pack」を入れなくても、いろんな有料テーマはデフォルトで結構その仕様になっていたります。アフィンガーもその代表だと言えます。ですので、アフィンガーを使っているだけではSEOには強い訳ではなく、アフィンガーの仕様書に従ってサイト作成を行っていけば、自然にSEOに強いサイトになっていくのです

ですので、アフィンガーに「All in One SEO Pack」をいれるのは2重にやらなくてもいいことやっているのと同じで、逆効果で、プラグインでサイトが重くなり、プラグインの干渉も招きかねませんのでやめておきましょう。

ちなみにワードプレスがSEOに強いと言われる要素は、SEO評価の対象となる記事を回遊できるようなリンクが張り巡らされたり、パンくずリストが生成されたりするからです。0からのサイト作りとなると、これらは意図的に作らなければなりません。まあ、ワードプレスといっても、それらも含めてテーマによるのですが。

3. アフィリエイトに強い

アフィンガーはアフィリエイトに強いサイトだと言えます。アフィリエイトとは簡単に言うと、商品の紹介料が貰えるという事です。コンテンツ内で商品を魅力的に紹介し、それを見たユーザーがその商品を購入すればキックバックされるという仕組みですね。

アフィリエイトってドローンと同じく、世に知れ渡った時の印象が悪くて世間体の悪い、大きい声で言えない雰囲気がありますが、私はそうは思ってなく、むしろ発信者にもスポンサーサイドにとっても大変理にかなった仕組みだと思います。

ここで忘れないでおいて欲しいのは、アフィンガーを使っているから商品が飛ぶように売れていく訳ではありません。アフィンガーのシステムは、運営側のアフィリエイトの管理や発信をやりやすくしてくれているだけです。ですので、他のテーマでもプラグイン等を用いれば、簡単に同じ環境にする事はできます。何度も言いますが、どんなテーマ(無料・有料関わらず)を使っても、アフィンガーと同じ環境にする事はできます。問題なのは、ゴールにたどり着くまでの時間に圧倒的差が出るという事です。

じゃあ、あまりアフィリエイトに強いとは言えないのでは?と言われそうですが、アフィンガーがアフィリエイトに強いと言える最大の理由は、アフィンガー自体がアフィリエイト対象となっている点です。例えば、自分のサイトの閲覧数が上がり、ユーザーが「この人のサイトいいな」となれば、アフィンガーを買いたくなる訳ですね。そこで、自分のサイトからアフィンガーのアフィリエイトを貼っておけば自然とそれが収益に繋がっていきます。これは非常に大きいメリットだと言えるでしょう。

さらに、アフィンガーはデザイナー目線からみてもデザイン性は高いので、下手なカスタマイズをしなくても普通に運営しているだけで、ユーザーが買いたいと思ってくれる可能性が高いので、初心者の方にとっても非常におすすめだと言えます。

4. CSSカスタマイズが簡単

ワードプレスのカスタマイズの際に必須で出てくるのが「子テーマ」です。子テーマとは、WordPressのアップデートの際に、コードが上書きされないようにカスタマイズ部分だけを分けて残せる運営必須の対策です。しかし、使用のテーマによっては子テーマがなかったりする事があります。その場合はプラグインを使って、子テーマを作成しなければなりません。

私は、子テーマ作成には「Child Theme Configurator」というプラグインを利用しています。

子テーマ作成プラグイン「Child Theme Configurator」のダウンロード、インストール、使い方、設定方法

続きを見る

もちろん、子テーマ制作にプラグインを利用しても何も問題ないのですが、アフィンガーの場合はテーマ購入時に、子テーマもご丁寧についてきます。あげくカスタムの対象となる「style.css」には、デフォルトでレスポンシブの切り替えライン(ブレイクポイント)が明示されていますこれは非常にありがたいです。

「Child Theme Configurator」の場合などでは、こちらのブレイクポイントは記載されておらず、それらは自分で設定していかなければなりません。すなわち、そのサイトがどのサイズでレスポンシブしていくのかを読み解いていかなければなりません。ここでもまた制作時間に差が出てきます

5. チュートリアル資料の充実

アフィンガー購入時には「WordPressで作る記事作成ガイド」というファイルが付いていまして、これにはサイトの立ち上げフォローから、SEO対策、運用方法など、かなり有益な情報が記載されております

正直、「自分の知識、全部まとめて書いてある!」と思ったくらいです。ですので、この指南書に沿ってサイトを構築していけば問題なく効率的な運営ができると言えます。これは初心者にとっては非常に親切な資料だと思いますので、強くおすすめできますね。

6. 価格は高い方ではない!

ワードプレスの有料テーマの価格はもちろん、ピンからキリまであります。だいたい7,000円くらいから30,000円くらいまでが相場な感じがします。その中でアフィンガーは税込14,800円となっております。はっきり言ってこれはお買い得価格だと思います。

テーマの価格は使いやすさに比例している訳ではありません高額でも使いづらいものはたくさんあります。アフィンガーは、ハッキリ言って30,000円でも「買い」と言えるレベルのクオリティーの中、税込14,800円というのは決して高くない価格設定だと思います。

アフィンガー6を購入する

アフィンガー6を導入をされる場合は、こちらから購入ページへ移動できますのでスムーズです。

アフィンガーのデメリット

ただ、アフィンガーにもデメリットがあったります。

カスタマイズや設定は、ほとんどが手軽にボタン操作のみで行う事ができますが、設定画面が2つあり、どっちの設定画面が対象なのかが慣れていないとわからなかったりします。また、ウェブレベルが中堅者レベルだと至れり尽くせりな設定があっという間にできるので、ほんとうに神仕様なのですが、初心者の方にとっては設定できる事が多すぎて活かしきれないという事もきっとあると思います。

また、アフィンガーの購入はペイパルという電子決済になります。ペイパルは知名度もあり、利用自体は全く問題ない行為なのですが、ペイパルを利用する為にアカウント作成などを行わなけれなならないのが少しハードルとなります。公式ページでクレジットカード決済ができればいいんですがね…

その他のワードプレステーマ

私はたくさんのテーマを利用してきましたが、念の為に他のテーマも特徴と合わせてご紹介していきます。

Simplicity(シンプリシティー)【無料】

Simplicity(シンプリシティー)は私が一番最初に手を出した無料テーマです。無料なので手は出しやすいですが、はっきり言っておすすめしません。なんか名前も言いにくいし。唯一、記事へのアクセス数がデフォルトで管理者だけに見えるようにできますのでその点は重宝しましたが、はっきり言ってそれだけですね。

ポイント:アクセス数が管理者だけに見える
価格:無料
おすすめ度:★☆☆☆☆
公式サイト:https://wp-simplicity.com

Lightning(ライトニング)【無料】

Lightning(ライトニング)は、無料の割にデザインがいいなと思い使っていました。

Lightning(ライトニング):DEMO

とは言っても実際使ってみると、結局カスタマイズありきだなという感想で、初心者がそのままの状態では使いこなすのは難しいといえるでしょうね。

ポイント:無料の割にデザインはいいが、初心者がそのままの状態で使いこなすのは難しい
価格:無料
おすすめ度:★★☆☆☆
公式サイト:https://lightning.nagoya/ja/

TCDシリーズ【有料】

ワードプレスのテンプレートで「おしゃれといえばコレ!」と言える代表と言っても過言ではないのがTCDシリーズです。私は「LOTUS」「SKIN」「IZM」「FAKE」と使った事がありますが、はっきり言って初心者にはおすすめしません

確かにTCDのサンプルはとてもおしゃれで、デザイナー目線でみても素晴らしいと思います。しかし、私がクライアント様のサイトを見てきた限り、初心者の人でTCDを使ってうまく表現できているサイトは見たことがありません

TCDシリーズはおしゃれが故に文字が小さかったりします。その時点でかなりマイナス発進ですが、初心者はまずその問題点には気づけません。さらに子テーマなどの用意もされておらず、配布マニュアルもわかりやすいとは言えないでしょう。

そして、TCDを活かすには写真が命です。デザインに精通していない人が、いい感じの写真を持ってくること自体がそもそも難しいと思います。ちなみに「SKIN」を使って私が監修してサイトを作りましたが、結局「SKIN」の良いところを使ったのは「メニュー」「スライドショー」「ブログ要素」だけでした。最終的には、フルカスタムに近くなってしまうのです。ですので、初心者の方はデモのテンプレートの雰囲気にもっていかれないようにしましょう。ただ、中級者以上の方でしたら、もっといろいろ活かせるかもしれませんね。

価格としては、TCDシリーズは高額な有料シリーズに入ると思います。しかし、テーマ自体のアフィリエイトも対応していますのでその点は良いですね。

ポイント:とてもおしゃれだが、初心者に扱うのは難しい。
価格:7,980円〜49,800円
おすすめ度:★★★☆☆
公式サイト:https://design-plus1.com/tcd-w/

賢威【有料】

賢威は、アフィリエイト業界で有名なテーマです。はっきり言ってデザインはださいでしょう。こちらはアフィリエイトに特化したと謳っているので、そちらに注力しているテーマと言えます。ですので、アフィリエイターの方にはおすすめだとも言えます。

おすすめできるのは、アフィリエイトに特化しているだけあって、テーマ自体のアフィリエイトが可能です。ですので、自分のサイトが魅力的であれば、簡単にアフィリエイト収益が入ってくる可能性があります。ただし、ださいのでカスタマイズには時間がかかると思います。価格的にも決して安い価格ではありません。

ポイント:アフィリエイターの方におすすめ
価格:27,280円(税込)
おすすめ度:★★★☆☆
公式サイト:【賢威】

総合評価の高いアフィンガー

以上の事を踏まえて、改めて私はアフィンガーが群を抜いておすすめだと断言できます。価格は14,800円ですが、はっきり言って、この仕様でこの価格は買って損なしと断言できるでしょう。アフィンガーを通してのアフィリエイトもできるので、3万円くらいでも正直買っていいレベルです。初心者にも大変おすすめです。

ポイント:デザイン性、管理性、収益面、すべてにおいておすすめ
価格:14,800円(税込)
おすすめ度:★★★★★
公式サイト:AFFINGER

アフィンガー6を購入する

アフィンガー6を導入をされる場合は、こちらから購入ページへ移動できますのでスムーズです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ワードプレスで必須となるテーマの紹介をしていきました。

私は、実際の体験を元に、いろいろある無料・有料テーマの中で、アフィリエイト・運営・デザイン性も含めてアフィンガーを推していますので、おすすめ理由を説明してきました。

アフィンガーがおすすめな理由

1. カスタマイズいらずでWEBデザイナー目線で見てもそのまま使える素材がデフォルトでふんだんに取り入れられている。

2. SEOに強く、アフィンガー仕様書に沿っていけば初心者でも立派なSEO対策が可能になります。

3. アフィリエイトに強く、とにかく、アフィンガー自体をアフィリエイト対象にできますので金銭的にもやりがいが出てきます。

4. CSSのカスタマイズは、購入時にレスポンシブ数字の割り当てられた子テーマがついてきますので、非常にわかりやすく扱いやすいです。

5. 購入特典として、初心者にとって非常にわかりやすいサイト運営の極意ファイルをいただけます。これを読むだけで格段にサイト運営の力があがるでしょう。

6. 価格帯は相場の中ぐらいで手を出しやすいです。その割には機能が抜群なので、いわゆるコスパが非常に良いです。

また、私の過去に扱ってきたテーマを紹介しましたが、Simplicity、Lightning、TCDシリーズ、賢威などがありますが、それらの経験を踏まえても、値ごろ感、デザイン性、操作性において、さらには初心者の方にもダントツでアフィンガーがおすすめだといえます。一回使うと本当に他のテーマを使う気がなくなってしまいますね。

アフィンガー6を購入する

アフィンガー6を導入をされる場合は、こちらから購入ページへ移動できますのでスムーズです。

完全無料のクリエイター育成講座開催中!

直接教えて欲しい!

人物イラストの無料ダウンロードサイト公開中!

人物イラストの無料ダウンロードならMIDO-KICHI

-Webデザイン, ツール

Copyright© デザイナーブリッジ , 2022 All Rights Reserved.