Webデザイン スキルアップ講座

Really Simple SSLを使い、以前までhttps化されていたサイトが突然「保護されていない通信」に変わってしまった場合の解決方法

2020年8月16日

ホームページの左上に「保護されていない通信」が出る場合があります。

これはSEO評価としてサイトによくない影響を及ぼしますので、一刻も早く改善する方が良いでしょう。

ユーザー的にも保護されていないサイトというのは、かなり不安になりますからね。

そこで、サイトをhttps化する方法を以下の記事でご紹介してきました。

no image
保護されていない通信URLのSSL化「https://~」の証明書発行とリダイレクト処理をエックスサーバーで実装する方法

続きを見る

しかし、正確な日付は分かりませんが、以前までhttps化できていたサイトが「保護されていない通信」に戻っている状態になりました

この記事では、再度「https化」に戻す2つの方法を紹介していきます。

「保護されていない通信」に戻った経緯

私は、以前まではプラグイン(Really Simple SSL)に頼らないhttps化を行っていたのですが、「保護されていない通信」に戻った原因を突き止めれませんでしたので、諦めてプラグインを使うhttps化を実装する事にしました。

そうする事で、このサイトではプラグインを入れる事で、無事「保護されていない通信」は解消されました

しかし、数ヶ月遅れで今度は別サイトでも「保護されていない通信」に戻っている事が発覚しました。

そこで困ったのが、そのサイトには既にプラグインが導入されていたという事です。

そこで、プラグイン(Really Simple SSL)の詳細をみていると、以下のような文言が書かれている事に気付きました。

SSL に移行する準備がほぼ完了しました。一部の項目は自動実行できません。

移行前に以下をご確認ください。.css および .js ファイル内からの HTTP 参照: http:// をすべて // に変更してください

Images, stylesheets or scripts from a domain without an SSL certificate: remove them or move to your own server

SSL を有効化する前に、サイトをバックアップすることを強くおすすめします。

また、有料版の自動スキャンにこれを処理させ、プレミアムサポートと HSTS を含むセキュリティ強化を入手することもできます。

文章から察するに、まあそのままですが、「.css および .js ファイル内からの HTTP 参照: http:// をすべて // 」に変更すれば良いのかと思い、実践してみました。

まずはCSSファイルから、サブライムテキストの検索機能を利用してさっと抽出してみると、CSSファイルの中に「http://」となっているものが何点かありました。私の場合は「background-image」に該当箇所がありました。

ですので、該当箇所を「http://」を「//」だけに変えると、無事https化された状態に変更する事ができました

「//」だけするのはエラーが出そうで怖いですが、実際これでも問題なく実装できていますので、試してみてください。

ちなみに私が変更したのは子テーマのCSSのみです。

サブライムテキストと子テーマの意味がわからない方は以下の記事を参考にしてみて下さい。

サブライムテキストのインストール方法、使い方、日本語化、おすすめな便利機能[MacとWindows]

続きを見る

no image
ワードプレス「子テーマ」とは何か?入手方法とプラグインを使って作る方法も解説!

続きを見る

CSSを触っても直らない場合は、「.jsファイル」も該当ファイルになりますので、そちらのファイルもどうなっているか確認し、必要に応じて適宜修正してみましょう。

「保護されていない通信」が出た原因

「保護されていない通信」が出た原因は、おそらくですが、直近で表示システムのアップデートが行われた事で、従来通りのやり方ではhttps化できないようになってしまったのだと思います。

ですので、放っておいても直るというものではなさそうです。

おそらく「https化以前」に作成されたhttpを含むコードが、直接CSSなどに書かれている場合は、何かをきっかけにエラーが出るようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

以前までは、https化できていたサイトが突然「保護されていない通信」に切り替わっていた場合は、以下の事を実践してみてください。

step
1
まずはプラグイン(Really Simple SSL)を試してみましょう。

step
2
それでも無理な場合は、必ずバックアップをとった上で、「CSS」「 JS」ファイルの中にhttpを含むコードがないか確認し、あった場合は「//」だけに書き換えましょう。

プラグイン(Really Simple SSL)の導入方法などは以下の記事を参考にしてみてください。

no image
保護されていない通信URLのSSL化「https://~」の証明書発行とリダイレクト処理をエックスサーバーで実装する方法

続きを見る

もしかすると、それでも無理かもしれませんが、困っている方は、ぜひ一度やってみてください。

根本的に設定できていない可能性もありますので、その場合も上記の記事を参考にしてみてくださいね。

完全無料のクリエイター育成講座開催中!

人物イラストの無料ダウンロードサイト公開中!

人物イラストの無料ダウンロードならMIDO-KICHI

-Webデザイン, スキルアップ講座

Copyright© デザイナーブリッジ , 2020 All Rights Reserved.