グラフィックデザイン

Photoshopのツールバーにある、主要ツール一覧の意味と使い方などを解説[初心者講座]

2020年3月2日

Photoshopの「ウィンドウ」→「ツール」にてON・OFF表示を切り替えられる、主要ツール一覧の意味と使い方の紹介をして参りたいと思います。

このページでは、初級者のグラフィックデザイナーさんに役立つツールを厳選して紹介していますので、初心者・独学の方におすすめです。

この記事は、動画バージョンでも解説しておりますので、動画で学習されたい方は以下のリンクより閲覧下さい。

選択ツール

Photoshopでの基本操作は、選択範囲に対しての修正になります。Photoshopでの大事な操作方法になりますので、きっちり理解しておきましょう

shiftを押しながらだと、選択範囲を追加する事ができます。またoptionを押しながらだと選択範囲から除外する事ができます。

楕円形や長方形の他にも、以下のような選択範囲を決めるツールが用意されています。

なげわツール

フリーハンドで選択範囲を決める事ができます。

多角形選択ツール

点と点を直線で結び選択範囲を決める事ができます。個人的には一番使いますね。

マグネット選択ツール

マウスで撫でた範囲の画像をコンピュータが判断し、パタパタと自動で選択範囲を決める事ができます。

簡単に選択範囲を作成する事ができますが、Photoshopでの選択範囲は結構シビアな線引きが必要ですので、意外と使いずらかったりします。

移動ツール

選択した範囲を切り取り、移動させる事ができます。

切り抜きツール

画像サイズを切り抜く事ができます。範囲を決めて、上部メニューの「○」を押します。

スポイトツール

画像の色情報などを抽出する事ができます。

スポット修復ブラシツール

クリックした範囲をコンピューターで判断して馴染ませる事ができます。

右クリックでブラシの調整をする事で、範囲の大きさなどを決める事ができます。

一瞬で細かいゴミやシミなどを消し去る事ができますのでとても便利です。

コピースタンプツール

まずoptionキーを一旦押して、コピーしたい範囲を決めます。

あとは、修正したい場所をクリックすれば描画されます。

描画したところから0地点の座標になり、元のコピー情報もマウスの移動とともにずれてきますので、常に元の情報を描画できる訳ではありません。連続した範囲をコピーしたい場合に向いていますね。

ブラシツール

選択範囲内外で、塗り絵のように着色していく事が可能です。

グラデーションツール

グラデーションを適用させる事ができます。自然な感じで効果を適用させる場合に便利です

ぼかしツール

選択範囲内外をクリックしてぼかす事ができます。

指先ツール

撫でた範囲をぼかして馴染ませる事ができます。ポイントはマウスを細かく動かす事ですね。

ペンツール

操作方法は、Illustratorのほぼ同じで、パスを作成する事ができます。

no image
ペンツールの使い方と綺麗にカーブを描くコツ[Illustrator・初心者講座] 

続きを見る

ただ、Photoshopにはパスという概念はスタンダードではありませんので、このままでは範囲の選択にはならないので、パスを選択範囲に変更する必要があります

ズームツール

ズームイン・ズームアウトを行う事ができます。

ショートカットと言うべきかは分かりませんが、command+[スペースキー]を押して、マウスで画像を撫でるとズームインできます。ズームアウトする時は、command+option+[スペースキー]でマウスで画像を撫でるとズームアウトできます。

ポイント

上記操作をするとMACの場合は、Siriが立ち上がりガチになりますので、まず最初に[スペースキー]を押してからcommand(+option)の順番に押していきましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?

PhotoshopはIllustratorと違って、ツールバーの上にマウスを載せるとガイダンスが出るようになっていますので、足りない説明などはそちらも合わせて参考にしてみてください。「環境設定

→「ツール」→「詳細ツールチップを表示」でON・OFFの切り替えができます。

色々便利なツールもありますので、しっかりと使いこなせるようになりましょうね。

完全無料のクリエイター育成講座開催中!

人物イラストの無料ダウンロードサイト公開中!

人物イラストの無料ダウンロードならMIDO-KICHI

-グラフィックデザイン

Copyright© デザイナーブリッジ , 2020 All Rights Reserved.